大きな壺

b0150549_16565063.jpg

その壺は、置いてありました。
とても無造作に、ほんと無造作に。
なので、僕も無造作に見過ごすところでした。
でも、ちょっと気になったその壺は
中が暗くて真っ黒でした。
目を凝らして見ても、
決して中は見えませんでした。
そうなると、余計気になるその壺に
近づいて、さらに近づいて・・・。
それでも、中は見えませんでした。
なんとか中を見たい僕は、
さらにさらに近づいて・・・。
と、その途端、僕の体は、壺の中に吸い込まれて
気がつくと、そこには!

はてさて、どこからが、妄想なんだろう?

[PR]
by ronchico | 2010-11-20 17:04 | Cafe

“ちょこっとした日常から非日常まで” 気になったものや場面を切り抜いています。


by ronchico