<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

路地裏ピンク

b0150549_11533570.jpg


3月初めの出張。
札幌はまだモノトーンの世界。
でも、出張先の細い路地には、
緑の木々に紛れて、
ピンクの花が、ちらほら。
そんな春の色が眩しくって、
思わず写真に撮っちゃいました。
明日から4月。
早く春が訪れるといいなと
願いつつ、3月最後の午後、
まったり過ごします。

[PR]
by ronchico | 2013-03-31 12:01 | 散歩 | Comments(6)

どちらまで?

b0150549_012887.jpg


どちらまで?
そんな問いに、あの人は答えた。
今私は、まさに旅しているのです。
世界を・・・、
世界中を・・・、
世界一周中なのです。

おいくらですか?
そんな問いに、あの人は答えた。
お金の問題じゃないんです。
旅をしたいという気持ちです。
ただお答えするとしたならば・・・、
109万円です。

[PR]
by ronchico | 2013-03-28 00:00 | 散歩 | Comments(4)

b0150549_18289.jpg


寒暖の激しい最近の天気。
だからこそ、ちょっと寒い朝でも
その寒さが身にしみます。
まだ人通りの少ない休みの朝、
一つの絆を見つけました。
いつもなら冷たく感じるその質感が、
今日はなんとなく温かく、
ほかほかとした温もりを感じました。
繋がっていることの安心感が、
そこには感じられました。

[PR]
by ronchico | 2013-03-23 18:09 | 散歩 | Comments(4)

春恋し

b0150549_11303275.jpg


各地では、夏を思わせるような天気が
ニュースで流れる。
でも、窓の外には、雪。
気温も多少高くなったとはいえ、
まだまだ雪が融けるには、
時間がかかりそう。
窓の外を眺めては、
早く走りたい気持ちを募らせている車。
もう少し我慢しようよ。
春がやってくるまでは、
少し時間がかかりそうだから。

[PR]
by ronchico | 2013-03-20 11:35 | everyday | Comments(6)

どこからともなく

b0150549_2223868.jpg


朝、窓の外を見ると、
どこからともなくやってきた、
彼の足跡が残っていました。
何を求めて来たのやら。
その真意のところはわかりませんが、
その痕跡だけはしっかりと、
残されておりました。
どこからやってきて、
どこへ帰っていったのか。
それはわかりませんが、
その夜、確かにそこを歩いていたのです。

[PR]
by ronchico | 2013-03-17 22:07 | 自然 | Comments(4)

どうかしてるぜ!

b0150549_22261049.jpg



散歩の途中、
修理中のマンション。
写真に撮るなんて、どうかしてるぜ!
せっかくのスカイツリー。
修理中のマンションと一緒に撮るなんて、
どうかしてるぜ!
でも、でもね、
その修理中のマンションとスカイツリー、
気のせいだろうか!?
同化してるぜ!

[PR]
by ronchico | 2013-03-13 22:29 | 散歩 | Comments(2)

今日はお休みでした

b0150549_21131364.jpg



あそこの花屋の花器がいいと、
車を走らせたはいいけれど、
店はどことなくひっそり、
店の中は灯りがついていたものの、
お客さんを招き入れるための
灯りではなかったよう。
確かに、
店の前のランプには、
灯りが灯っていなかった。
でも、それはそれで満足な時間。
だって、
店の前でゆっくりと、
灯りの灯っていない、
いつもとは違うランプを
写真に撮ることができたのだから。

[PR]
by ronchico | 2013-03-10 21:17 | お気に入り | Comments(0)

カンヴァス

b0150549_22445333.jpg



この真っ青なでっかいカンヴァスに、
いったい何を描こうか。
・・・・・・・・。
少し悩んだ後、
この大きなペンを取り出して、
ゆっくりと走らせた。
なんて滑らかなんだろう。
そう感じながら
まずは文字を描いてみた。
“Runapica”
やっぱりここからはじめよう!

[PR]
by ronchico | 2013-03-07 22:50 | | Comments(10)

Impact Red

b0150549_1755305.jpg


とある朝の散歩。
店が開く前の駐車場に、
ぽつん、ぼつんと2台の車。
この時間、まだ車の数は少ない。
というか、本当は無いのが正解か。
なんて思いつつ、白い息を
まるで煙草でもふかしているように
「ふぅ〜っ」と吐いてみたり。
ほんと、たわいのないごく普通の朝。
そんな中、すでに開店を見越してか、
一直線に並べられた赤。
雪の上だからだろうか、
その赤は、朝という時間には
すこし眩しく感じた。

[PR]
by ronchico | 2013-03-03 18:02 | 散歩 | Comments(4)

“ちょこっとした日常から非日常まで” 気になったものや場面を切り抜いています。


by ronchico