<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

陣地

b0150549_22314592.jpg



地味ですか?
確かに地味ですよね。
この写真。
でも、舞い降りるときに、
しっかりと、自分の陣地を決めて、
そこめがけて降りてくる。
みんな重なり合わず、
自己の陣地を主張している。
決して地味じゃない。

[PR]
by ronchico | 2012-05-29 22:33 | 散歩 | Comments(2)

もしかして・・・

b0150549_21113778.jpg


日射しの強い午前中、
影も力強く、存在感ばっちり。
テーブルの穴のひとつひとつも
くっきり地面に描かれている。
ここでひと〜つ疑問が。
この影の穴の数、
本当にテーブルの穴の数とあっている?
あ〜っ、なんて愚問。
そんなの決まってるだろ!
って心の声。
でもさ、数えたのかよ!
って心の声。
「もしかして・・・」
あ〜面倒くさっ。1つ、2つ、3つ・・・、

そして、あきらめたのでした。

[PR]
by ronchico | 2012-05-26 21:16 | everyday | Comments(9)

水と光

b0150549_0293425.jpg



静かな水面もいいんだけど、
少し波立った水面に心惹かれた瞬間。
波のひとつひとつに
光が跳ね返り、
なんとも言えない世界を
そこに表現してくれていました。
光のタイルを敷き詰めたような水面は
その上を歩けるような錯覚にとらわれます。

なんて、思って一歩踏み出すと、
とたんに水の中だけど・・・。

[PR]
by ronchico | 2012-05-25 00:35 | everyday | Comments(4)
b0150549_22394432.jpg


ぷく〜っ、ぷく〜っ、ぷく〜っ。
ふわっ、ふわっ、ふわっ。
生まれては飛び去り、
飛び去っては生まれて。
心地よい電球の下の世界で、
光の輪が行き過ぎます。
それはカメラの中の世界。
ファインダーを覗くと
見える世界。
なんか得した気分で、
今日はすっかり上機嫌。
何気ない日常の小さな幸せでした。

[PR]
by ronchico | 2012-05-22 22:44 | Cafe | Comments(4)

春の彩り

b0150549_9331044.jpg


こちらの桜もすっかり終わったのですが、
この写真は朝の通勤途に撮ったものです。
この場面だけで、
青色、桜色、黄緑色、茶色、空色と
さまざまな色が見られました。
一度、通りすぎたのですが、
とても気になって、また舞い戻りました。
ごちゃごちゃして見えるんですけど、
それぞれの色が主張しすぎず
それでいて控えめでもなく。
思わず「ナイス、コラボレーション!」
と心の中でつぶやきました。

[PR]
by ronchico | 2012-05-19 09:42 | everyday | Comments(6)

居残り

b0150549_5585318.jpg

「居残りは、この二人か!」
なんて言われると、
マイナスなイメージですが、
「取られずに残った!」
なんて考えると、
全然マイナスなイメージじゃない。
見方、捉え方によって、
どちらにでも転ぶもんなんだ。
だったら、いい方に考えよう!

ケーキA
「この人何ぶつぶつ言ってんだろう」
ケーキB
「最初っからうちら2個だったのに」
ってことかもしれないけど。

[PR]
by ronchico | 2012-05-16 06:05 | Cafe | Comments(12)

無造作

b0150549_17205452.jpg


僕には意味がなくったって、
誰かには意味のあるものかもしれない。
僕にはどんなに無造作に見えても、
何かしらの意味が
そこにはあるのかもしれない。
だから、木片をとりあげたり、
ちょっと、足でつついてみたり、
そんなことはしなかった。
世界には意味の無いものなんて
ないような気がする。
ほんとのところは、わからないけれど、
この写真撮ったときには、
そんな風に感じた。

〜美瑛より〜

[PR]
by ronchico | 2012-05-13 17:22 | everyday | Comments(2)

美瑛の丘

b0150549_813378.jpg


まだ、色のついていない美瑛の丘。
大きなタイヤの黒い色が目に付く。
これからの季節、
少しずつ色が増え、
タイヤの黒い色も
だんだんと目立たなくなり、
美瑛の風景の中にとけ込むのだろうか。
まだ、らしくない美瑛の丘。
だからこそ出会えた廃タイヤに感謝!

[PR]
by ronchico | 2012-05-10 00:57 | 散歩 | Comments(10)

Green table

b0150549_1617737.jpg



無造作にそこに置かれているようで、
実は計算されていて、
使い古されたような天板も、
実はそこに意味があるようで、
細く長いその脚も、
実はみかけによらずしっかりしたもので、
テーブルに見えるようで、
実は椅子?だったりして。
そんなことはないだろうけど、
とても気を惹く存在だ。

[PR]
by ronchico | 2012-05-04 16:26 | お気に入り | Comments(8)

前転

b0150549_6124326.jpg


札幌にある近代美術館の中、
長い椅子に偶然、
誰も人が座っていなかった。
「何回転できる?」
変な疑問が頭をよぎる。
いやいや、マットじゃないし。
「でも、向こうまでだと、
4・5回転ってところかな」
いやいや、考えちゃってるし。
でも、小学校の頃のように、
華麗には回転できず、
途中で椅子から落ちるんだろうなぁ。
なんてことを考えて、
まもなくお昼です。
そうか、昼飯時だから人がいなかったのか!?

[PR]
by ronchico | 2012-05-02 06:20 | everyday | Comments(4)

“ちょこっとした日常から非日常まで” 気になったものや場面を切り抜いています。


by ronchico