<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

跳ぶぞ!

b0150549_2128960.jpg


何故だか今なら、跳べそうな気がする。
何故だか今なら、越えられそうな気がする。
そんな気持ちのときに
思い切ってチャレンジしよう。
きっとできるさ。
あの矢印目指して、
よし、跳ぶぞ〜!

ダッダッダッダダダダダダダ、、、
キキッー
ストップストップ!
やっぱり跳べるわけないよね〜。
でも、
そんな気持ちが大事なんだと思う。

[PR]
by ronchico | 2011-09-29 21:34 | everyday | Comments(8)

時を告げる

b0150549_21102576.jpg


空港で見かけた時計。
どこか止まって見えた。
それは心の動き
なのかもしれない。

何時間でもいいから、
これから出発する飛行機を
ゆっくりとここで待っていたい
そんな気持ちの動きなのかも。

[PR]
by ronchico | 2011-09-28 21:17 | everyday | Comments(8)

窓からの景色のつづき

b0150549_2302994.jpg





窓に近づくにつれ、
僕の心の中で、その景色は色づき
モノクロからカラーへと変わった。

夕暮れに近いその時間の空は、
青色から黄色へと少しずつ変化しており、
とても淡い色彩を感じさせてくれた。

旅から帰ってきたら、
こんな光景を見て、
やっぱりほっとするんだろうなぁ。

[PR]
by ronchico | 2011-09-25 23:10 | everyday | Comments(2)

窓からの景色

b0150549_2125424.jpg


千歳空港が新しくなったので、行ってきました。
国際空港と国内空港がつながり、
すっかり大きな空港に。
新しいドラえもんワールドなんかもあり、
とても楽しめます。

人ごみにまぎれ、新しくなった空港を
散歩していると、
旅行からの帰りなのか、
疲れて椅子に寝入っている人の姿が。
そしてその横に、大きな窓がありました。
そこから見える景色は、
空港の駐車場なんですが、
なんだか、吸い寄せられるように
そちらに足が向きました。

[PR]
by ronchico | 2011-09-24 21:36 | everyday | Comments(6)

秋花火

b0150549_12124523.jpg




ファインダーを覗いていて、
なんとなく、
ひゅ〜、ドン!ぱちぱちぱちっ
みたいな。
勝手な思い込みです。
ただ、
なんとなく花火に見えたりして。
はい、ただの思い込みかもしれません…。

[PR]
by ronchico | 2011-09-23 12:16 | お気に入り | Comments(14)

まだ先へ

b0150549_23233655.jpg



耳を澄ませると、雨の音だけが鳴り響く。
目を凝らすと、遠くまで霧が立ちこめている。

すべての音と色が、
この霧に飲み込まれて行くよう。

雨の音は、静寂へと変わり、
景色の色は、モノクロへと変化する。

道の先は霧で包まれていくけれど、
まだ先へ進みたい、
そんな気持ちがわき上がってくる。

[PR]
by ronchico | 2011-09-19 23:30 | 自然 | Comments(8)

暗号

b0150549_1345283.jpg



頭の中に、名探偵コナンのオープニング曲が流れた。
それは、何かの暗号に違いない。
いや、決してただの光、そして影ではないはずだ。
そこには何かのメッセージが込められている。
それを読み解かなくてはならない。
なんなんだ!?
早くしなければ、また誰かが犠牲になってしまう。
そして次は、古畑任三郎のオープニング曲が…。

それは、静かな午後の妄想でした。

[PR]
by ronchico | 2011-09-18 01:43 | everyday | Comments(6)

残暑

b0150549_22135337.jpg

あ〜あ、寒くなるのは嫌だな、
なんて思っていたら、
今日はなんて暑いんだろう。
やっぱり暑いのもちょっとね。

なんて、わがままなんでしょ。
しかし、こんな暑い日は、
海をぼんやり眺めていたいもの。
ほんとぼんやりと眺めていると、
いつのまにやら夢の中。

そんな時間は、
僕にとっては、
とても大事な時間なわけで。
それは、日常の中に紛れ込んだ夢、
そして、
夢の中で過ごす、幸せの時間かも。

[PR]
by ronchico | 2011-09-16 22:22 | everyday | Comments(4)

今では、今でも

b0150549_0165927.jpg



今では、何に使われているのか
わからないけれど、
落ち着いたその姿は、
しっかり、風格があり。

今でも、当時の勇ましい姿は、
しっかり記憶に刻まれていて、
昔を思い出すときには、
必ず言葉の中に現れる。

そんな雰囲気に惚れました。
今日は写真を撮らせてください。
なんて、心の中でお願いをした。

[PR]
by ronchico | 2011-09-15 00:27 | 散歩 | Comments(6)

茜色の空

b0150549_01033.jpg
目の前に広がった茜色の空を見て思う。
子供の頃、こんな色の空を見ると、
なぜだか「怖い」を感じたもの。
それは、「きれい」という感情ではなく、
「美しい」という感情でもなく。

そういえば、子供の頃って、「きれい」
なんて感情、どのくらい持っていたのかな。
多分、そんなに多くないんじゃない。

写真を撮っていると、「きれい」という
感情が溢れてくる。
そんな気持ちが何より、うれしい。

振り返ると、そこには、
ベランダから空の写真を撮る人の影。
同じ感情を持つその人は、
なんだかとってもきれいだった。

[PR]
by ronchico | 2011-09-13 00:27 | | Comments(9)

“ちょこっとした日常から非日常まで” 気になったものや場面を切り抜いています。


by ronchico