<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0150549_18391828.jpg



函館の旅写真はもうちょっとだけ続くのですが、
そんな中、すっかり夏が終わってしまいました。
もしかしたら・・・、なんて思いもなんのその、
気温はすっかり下がり、
とても半袖では過ごせない今日この頃。
パラソルもすっかり閉じられ、これから北海道は
まっすぐに冬モードへと突進するのです。
自分の気持にしっかりとけじめをつける意味で、
「今年の夏よ、さようなら」を宣言しときます。

[PR]
by ronchico | 2010-09-26 18:52 | | Comments(18)

光と陰

b0150549_2241511.jpg







光>陰=行ってきま~す


b0150549_2263751.jpg







光<陰=ただいま~
[PR]
by ronchico | 2010-09-23 22:10 | trip | Comments(12)

走馬灯のように

b0150549_13205585.jpg


旅の途中、おすすめを聞いて、
その場所を訪れたりするのは、
大きな楽しみであったりします。
今回、五稜郭の横にある「六花亭」に
行ってごらんと、前日訪れたCafeで
教えてもらいました。
「六花亭」は帯広に本店があるお菓子屋さんです。

この五稜郭の横の「六花亭」は、お店の中の
レジの後ろ一面がガラスになっていて、五稜郭の
中を眺められるようになっており、とても落ち着く
雰囲気でした。

その入り口、そこにその犬はいたのです。
そして僕の頭の中を、昔、僕が小さい頃、
鎖で繋がれた大きな犬の横をすれすれで走り抜けて
勇気をためしたそんな光景が駆け巡りました。
一瞬、立ち止まった僕は、覚悟を決めました。




b0150549_13304367.jpg




「よし!」
ダッーーーーシュッ!
なんてことはさすがにしませんが、
なんか懐かしい光景がよみがえってきました。
大人になった僕は、横を通り過ぎるときも動じることなく、
また、その犬も僕の姿に全く動じる様子はありませんでした。
なぜか僕は、その犬の頭にそっと手を置きました。

おそらく、一番動じていたのは、この光景を見ていた
他のお客さんだったのかも。

[PR]
by ronchico | 2010-09-19 13:38 | trip | Comments(16)

僕らの冒険

b0150549_1047458.jpg



五稜郭のお堀で、ボートに乗っていると、
お堀のほんの小さな穴から、
彼らが次々と出てき飛び出してきた。
まっしぐらなその瞳は
一体どこを見ているんですか?
一体どこに行くんですか?
まだ、飛べない(?)彼らにとっては、
お堀の中を泳ぎまわるのでさえ、
ちょっとした冒険なんだろうなぁ。
お気をつけて!

[PR]
by ronchico | 2010-09-11 11:06 | trip | Comments(14)

空中散歩

b0150549_18244278.jpg

旅に出ると、身も心も軽くなり、
気がつけば、`ふわっ’と体が浮いていた。
そして、どんどん、どんどん空中へと
舞いあがった。

空の散歩は気持がいい。
特に知らない土地の知らない空は、
まるで渡り鳥になったかのような気分で、
見るものすべてが新しい。
そして、今日は、どこまで高く飛べるだろう・・・

なんて、妄想してしまうこの景色は、
函館五稜郭タワーからの眺めです。
タワーから下を見ていると、
ほんとに空中散歩しているような、
そんな気分に浸れました!

[PR]
by ronchico | 2010-09-05 18:33 | trip | Comments(20)

“ちょこっとした日常から非日常まで” 気になったものや場面を切り抜いています。


by ronchico