カテゴリ:自然( 40 )

slow time

b0150549_19182070.jpg


湖を見つめていると、
その時だけ時間はゆっくりと流れ、
振り返れば、時間の流れはもとどおり。
ず〜っと眺めていれば、
もっといろんなこと、
考えることができるのかな。

[PR]
by ronchico | 2015-10-10 19:20 | 自然 | Comments(0)

a sign of autumn

b0150549_21113630.jpg


もう、そこまで…
もうすぐ、ここにも…

[PR]
by ronchico | 2015-09-23 21:12 | 自然 | Comments(0)

紅葉

b0150549_18491356.jpg


緑の中にほんの少しの赤。
ほんのりと色づいていました。

[PR]
by ronchico | 2015-09-21 18:50 | 自然 | Comments(2)

足音

b0150549_1602578.jpg


笑っちまう。
つい先日、
もしかしたら、今年は
雪が降らなかったりして。
なんて勝手に思っていた。
でも、東京から帰ってきた昨日は、
すっかり世界が変わっていた。
確実に冬の足音は近づいている。
もしかしたら、
もう、
すぐそこにいるのかも。

[PR]
by ronchico | 2014-11-15 16:04 | 自然 | Comments(0)

微睡みの午後

b0150549_20453882.jpg


寒い日、午後の散歩。
少し長く歩いた道。
そよ風、木々の音。
疲れた体、霞む目。
そんな僕を
手招きする木製のベンチ。
腰を下ろす、深く座る。
深いため息、一瞬微睡む。
始まりがあって、
終わりもあって。
でも、その日、その午後、
微睡む僕は、どうやって・・・。

[PR]
by ronchico | 2013-05-02 20:56 | 自然 | Comments(6)

ここまで

b0150549_17465149.jpg


山に立てられた支柱。
何の意味があるのだろうか。
まったく検討も付かず、
何の気なしに写真に撮った。
写真を整理していて思う。
何のための支柱なんだろう・・・。

今日は一日雨模様。
残り少ない雪も、一気に融ける。
いよいよ冬から春だ。

ふと、さっきの写真を眺めた。
あっ、なんとなくだけど・・・、
冬はここまでって言ったような、
そんな気がした。

[PR]
by ronchico | 2013-04-07 17:52 | 自然 | Comments(6)

どこからともなく

b0150549_2223868.jpg


朝、窓の外を見ると、
どこからともなくやってきた、
彼の足跡が残っていました。
何を求めて来たのやら。
その真意のところはわかりませんが、
その痕跡だけはしっかりと、
残されておりました。
どこからやってきて、
どこへ帰っていったのか。
それはわかりませんが、
その夜、確かにそこを歩いていたのです。

[PR]
by ronchico | 2013-03-17 22:07 | 自然 | Comments(4)

道標

b0150549_0321986.jpg




雪山で見つけたカンバン。
進むべき道を示してくれる。
寒いからこそ、ほっとする。
風雪に耐え、
ただひたすらに人を待つ。
今日も一仕事を終え、
ゆっくりと休んでください。
また明日の安心のために。

[PR]
by ronchico | 2013-02-10 00:37 | 自然 | Comments(8)

fantasize

b0150549_1273345.jpg


こうした風景を見ると、
時間が流れているのを忘れてしまいます。
湖面がきれいに太陽に光を写し出し、
とても幻想的な風景に
今自分が、どこにいて、
何をしているのかも。
しばらくぼ〜っと眺めていると、
手袋を外していた右手が、
右手が〜〜〜。
冬山の妄想にはご注意ください。

[PR]
by ronchico | 2013-01-05 12:16 | 自然 | Comments(8)
b0150549_14524978.jpg




澄んだ空、白い雪、
そこに、真っ白い木が幾本も立っていました。
今年は、白を少しでも
カラフルに染めていけるよう、
さらに写真を学んで行きたいと思います。
今年もまだまだの写真が並びますが、
ぜひおたちよりください。
どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by ronchico | 2013-01-03 14:55 | 自然 | Comments(12)

“ちょこっとした日常から非日常まで” 気になったものや場面を切り抜いています。


by ronchico