ドキドキ

b0150549_21244431.jpg


古いビルヂングに入った。
古い階段を登った。
2階の廊下は薄暗かった。
そのまま3階に登ろうと思った。
その時、話声は1階から聞こえた。
耳を澄ませた。
ドキドキと鼓動の音だけが聞こえた。
1階には、きっと・・・、
行方不明の彼女がいるに違いない。
手すり越しに下を伺った。
人の気配は感じられなかった。
それは、昼下がりの
ビルヂングワールド。
誰もがヒーローになれる妄想の世界。

[PR]
by ronchico | 2012-02-09 21:31 | everyday

“ちょこっとした日常から非日常まで” 気になったものや場面を切り抜いています。


by ronchico