三時半過ぎ

b0150549_2203857.jpg





散歩に出かけた。
斜めから射す日射しがきれいだった。
建物を照らす光が気になった。
風に吹かれてそよぐ、
黄色く色づいた葉を目で追った。
冬の訪れを告げるように、
雪虫が舞っていた。
それは何気ない日曜の午後の風景。
まだ、夕暮れには時間があるはず。
そう思って、時計に目をやると、
三時半少し過ぎだった。

[PR]
Commented by photo-nachi at 2011-11-01 22:47
これからの季節、光の加減は「微妙にたくさん」の
気づきを与えてくれますよね^^
雪虫・・・懐かしい・・・・な。。。
Commented by moonchocolate at 2011-11-01 22:53
黄昏色した秋の光、とても綺麗ですよねえ。
光は好きなので、もともと注目しがちなのですが
秋になって落ち着いた光になってきたからか
夏の時期よりもゆっくりと見惚れることが多くなりました。
雪虫かぁ…そちらはずいぶん寒くなってきてるんでしょうね。
Commented by nonchan-f at 2011-11-02 16:41
こちらはなんだかまだ暖かいので、もうすっかり秋である事を
忘れてしまいそうになるけど、やっぱり日が落ちるのは
早くなりました。
夕方の光は、少し黄色味をおびて優しいですね^^
この光に煉瓦の建物、よく似合います。
寒いけど、暖かそうな色合い♪

雪虫…って私、今はじめて知りましたーーー。
Commented by ronchico at 2011-11-03 19:41
nachiさん、こんばんは。
雪虫、今年はかなり大量発生のような気がします。
たくさんの雪虫がいるので、
なかなか外をぶらぶらするというのも
つらいです。
でも、いい光に出会うとそんなことも
ふっとびですね。
Commented by ronchico at 2011-11-03 19:42
moonchocolateさん、こんばんは。
秋の光って、なんか見入っちゃいますよね。
ただk、見入っていると、絶対こちらでは
風邪ひきますね(笑)
でも、日が短くなってきているので、
光がとても貴重に思える今日このごろです。
Commented by ronchico at 2011-11-03 19:45
nonchanさん、こんばんは。
そちらも日は短くなっているのですね。
でも、夏日ってこともあるんですよね〜。
日本でもこれだけ気候が違うんだから、
世界で比較するとすごいことになりそうな。
比較しないか。
雪虫、お腹のところに、雪のような綿毛みたいなのを
つけた虫です。
遠目で見ている分にはかわいいのですが、
大量に近づいてくると、ちょっと・・・。
by ronchico | 2011-11-01 22:06 | everyday | Comments(6)

“ちょこっとした日常から非日常まで” 気になったものや場面を切り抜いています。


by ronchico