三時半過ぎ

b0150549_2203857.jpg





散歩に出かけた。
斜めから射す日射しがきれいだった。
建物を照らす光が気になった。
風に吹かれてそよぐ、
黄色く色づいた葉を目で追った。
冬の訪れを告げるように、
雪虫が舞っていた。
それは何気ない日曜の午後の風景。
まだ、夕暮れには時間があるはず。
そう思って、時計に目をやると、
三時半少し過ぎだった。

[PR]
by ronchico | 2011-11-01 22:06 | everyday

“ちょこっとした日常から非日常まで” 気になったものや場面を切り抜いています。


by ronchico